かーこさんの『わたしの石けん』教室は「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に取り組みます。

持続可能な開発目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されました。2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ということを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
引用:外務省ホームページより

かーこさんの『わたしの石けん』教室が取り組むSDGs

目標6:安全な水とトイレを世界中に

人と環境にやさしい無添加石けん

かーこさんの『わたしの石けん』教室でつくる石けんは、保存料や防腐剤、合成界面活性剤、合成香料は使用いたしません。
使用する型も再生できる牛乳パックや繰り返し使用できるシリコン型を使用。
人にも環境にも優しい無添加石けんを作り、皆様に安心・安全な製品をお使いいただけるよう日々努めてまいります。

目標12:つくる責任 つかう責任

環境・健康に関する啓発活動

私たちが住みやすい世界にしていくためには、一人ひとりが環境やその問題に関心を持ち、問題と向き合って改善する活動に参加することが大切だと考えております。
かーこさんの『わたしの石けん』教室では、教室を通して皆様に環境や健康維持に関する啓発活動を行っています。

学術的な石けんの研究

目標14:海の豊かさを守ろう

自分で作ればプラスチックフリー、パッケージフリーで作れるのでゴミが出ない

手作り石けんのいいところの一つとして、自宅にある牛乳パックやシリコン型で簡単に作れるというところがあります。そのため、ゴミも出ず環境にやさしいです。
石けんは私たちが身体を洗うために毎日使うものです。そういうものこそ、水がよごれないものを使った方がいいと考えています。
教室を通して手作り石鹸を広め、少しでも人と環境に優しい活動をしていきたいと思います。

目標15:陸の豊かさも守ろう

ヴィーガン&界面活性剤などの石油系の化学物質なしで作れて環境にもやさしい

当教室で使用する材料は苛性ソーダと厳選した良質な食用オイルや、美容・マッサージ等で使われるオーガニックキャリアオイル等を使用。
石油系の化学物質なしでも肌や環境に優しい石けんを作ることは可能です。